2016年09月08日

映画の面白さ

三谷幸喜の映画は何本か観ているけど、その豪華キャストも見ものだよね。
昨日、14年前に公開された「笑いの大学」を観たのよ。
この映画、役所広司と稲垣吾郎の2人芝居みたいな映画なの。
最初はいまいちかな?何て思っていたのよ。
だけど、2人の掛け合いが進んでいくうちにどんどん面白くなっていく。
改めて三谷幸喜の才能に感服しました。
夜は「超高速参勤交代」を観たね。
久しぶりに映画三昧。
娘が嫁に行くまでは2人で良く映画を観に行ったんだけど、この頃は全くいかないよ。
近くに有ったレンタルビデオ店も無くなったから、DVDも観ないしね。
改めて映画の面白さを感じた昨日でした。
posted by hiro at 09:18| 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする