2012年11月01日

猫の銜えて来るのもは今昔物語

父がまだ若い頃、飼い猫がいろんな物を捕まえては見せに来ていたらしい。
ネズミは勿論、ウサギや鳥と言った具合。
我が家の猫ちゃんはネズミを見た事が無いだろうし、見せに着たらわたしゃパニックになるよ。
持ってくるのは夏のセミくらいかな。
室内飼いだから外の世界も知らないしね。
思ったら可愛そうなのかもしれない。
 
飼い主は外を飛び回って遊んでいるのに。
柱や壁をガリガリした位で怒ってごめんね。
たまには小判でも銜えて来てくれ。
posted by hiro at 13:55| 昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする